[REQ_ERR: COULDNT_RESOLVE_HOST] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 子どもの頃、あなたはどんな役割を担うことが多かったですか?自分の魅力を見つける方法!|資産になる働き方で依存しない自立した女性を目指す
ビジネス思考

子どもの頃、あなたはどんな役割を担うことが多かったですか?自分の魅力を見つける方法!

こんにちは、KAOです!

もうすぐ1月も終わりますね!
きっと2月もあっという間に過ぎていくんだろうねーってようちえんのお母さんが言ってました。

そういえば2018年昨年は自分の過去を振り返る一年だったなぁと思いました。

過去のわたしは大手エステサロでの消耗時代を経てその後自宅で個人サロンを開業現在4年目。ビジネスを本格的に学び始めて情報発信するようになってから考えることに時間を使えるようになりました。

 

子どもの頃の役割?

突然なんですが、「子どもの頃のあなたはどんな役割を担うことが多かったですか?」

これ、下手な心理テストよりもはるかに、人間の本質を教えてくれると思うんですよね。

というのも昨年、息子がサッカーに興味を持ち始めたので、サッカーに関する本を読んだりしました。
全然スポーツに詳しくないんですが本田選手の強靭なマインド論を知りたくて色々と調べていたらハマりまして。笑

本田選手はとあるインタビュー内で、
「僕は幼稚園の頃からリーダー格でした。お前はジャングルジム守れ、誰々は砂場や!」と幼稚園を守るためにみんなに指図してたそうなんですよ。笑
それはずっと変わることなく、今もチームのメンバーや後輩に指示する役割を担っているそう。

この話を聞いたときは思わず、笑ってしまったんですが、
わたしはどうだったかなぁって思いまして。

わたしはいつも母の後ろに隠れている超人見知りタイプで
いつも周囲からどう思われているのか怯えていて、自己否定しまくってました。
わたしは元が地味で、自分の生き方や信念、考え方や目標、意欲はあった方でしたが、「わたしなんかが目立っちゃいけない、、、」と見た目にコンプレックスを持っていたこともあって常に『自分』を押し殺していました。

本質的な性格は変わらない?

今わたしは自分の使命のような仕事ができていると思っているんですが、というのもこの幼少期の頃から描いていた『自分の生き方』にとことん向き合って自分を解放し自分の人生を歩むことができているから充実している、幸せだ。と感じられるんだと思います。

小5・中2と、家庭の事情で人生2度の転校を経験したせいもあって、
ひとりぼっちなんて嫌だ!!絶対に友達いないって思われたくない!!という変なプライドが出来あがってしまい、転校するたびに友達作りを頑張り、友達に嫌われないようにと、意見を無理矢理合わせたり、あまり欲しくもないお揃いの服だったりを買ったりして、
家に帰ると、なんでこの服買っちゃったんだろう・・・お金の無駄使いだったなぁ。。。って後悔したり、友達に合わせてばかりの自分に疲れちゃったりしてました。

本当はこんなことしたくない、、っていう思いがいつもありましたね。。。
本当は一人が好きです。誰からも指図されずに、誰かに遠慮しないで一人でいる時が経験上最も能力を発揮できます。

エステの仕事も、もっと大きくしていこうというよりは、家族と自分が食べていけて、お客さまやクライアントさんと良好な関係を築けていけたらそれでいいなぁって。

使命を全うするために大きくする必要が出てきたら、また考え方が変わるかもしれないですが今のところはこんな感じです。

あとは生き方に対して本質的なことをとことん突き詰めていくってことが好きですね〜昔から。

過去にブランド物に大金を使ったり、高級ホテルや高級ディナーなどにお金を使うという経験をしてみて、それも楽しいなって思いますけど、
すぐに飽きちゃったりブランド物に囲まれただけでは満足が得られなかったですね。わたしの場合。

大好きなセラピストの仕事はそういう意味でも本当に楽しいんですよねぇ。
お客様の生き方を見ていると本質を学ばせてもらったり、健康とか美の本質だったり学ぶっておもしろいです。

最近は4歳の息子から学ぶことが多いです。
4歳児だけど、毎日、わたしにたくさんのことを教えてくれていますよ。
こうやって子育てをしながら自分の人生に向き合える時間が幸せです。

このかけがえのない大切な家族とのんびり笑って暮らせることがわたしの幸せでありますね。

自分の魅力を生かせないのは辛い

逆に、決められた型にはまって仕事をするには本当に辛かったです。
大手エステサロンで働いていたときはまさにそんな仕事ばかりでした。

雇われている側だったんで仕方がないんですけどね。

もっとお客様に人生変えてもらいたいって気持ちが強く熱い気持ちがあるタイプだったので、お客様にはとことん向き合って、わたしの持ってる全ての経験した、知識、技術やマインドで、お客様全てに結果を出してもらいたかったですけど、

お店を回してお客様をこなしていくのに必死でとことん一人一人のお客様と向き合えないことがストレスでした。
ルールや精神論で社員を洗脳して、そんなことにこだわってて本当にお客様のためになるの?ってことばかりでした。

例えば、
とにかく強いマッサージをすればセルライトは消えるとかそんなの身体の本質じゃなくて見せかけだけだなーって呆れていました。
セラピストとして、本質的なスキルを提供したいんだけど。って思ってました。

店の売り上げのために本質的なこととずれてしまうようなことをこのままプロとして伝えていくことにはすごく違和感を感じていて
早く自分の納得いく仕事がしたかったです。

そんな時、独立しビジネスを学んで自分の魅力を知るというワークのことを知ってというように、色々な出会いのお陰で、自分の人生を歩みだすことができるようなったわけです。

子どもは怖いもの知らず

 

ホリエモンの本でもよく書かれているのが、夢中になることを見つけようということ。

個人的にはこれは半分正解で半分微妙だと思ったりするのですが、、。

まず、誰にでも最初からお金よりも世間体よりも何よりもこれが好き!!ってものがあるとは限らなくないですか?
その前にまずは個人で稼いで生きて行くためのスキルを知る。その上で、自分の魅力や活かし方を考えるのがいいかと思いますね。

話を戻しますが、息子を見てて思うのが子どもってみんな怖いもの知らずってこと。

世間体なんて全く気にしていないし、とにかく好きなことを夢中でやってる。
(うちの息子は外で泥んこ遊びを永遠にしてます。笑)

わたしの場合は本当は一人で読書をしたり自分の将来を思い描いたり、心理や人体の構造など学ぶことが大好きでした。

でも、成長するにつれてだんだんと他人の目を気にしながら生きてしまうようになる。
勉強が好きとか真面目かよっ?って思われるんじゃないか・・・?

これが本当に好きなことをなくしてしまっている、その人にしかない魅力を押さえつけて、周りに合わせあた自分にかえようとしてしまっていた過去の自分。

さっさとそんな概念を取っ払うべきだ!とわたしは思います。

というわけで、自分の本来の魅力を知るためにおすすめな方法が、

子どもの時に何をするのが好きだったか?
という質問なのです。

ぜひ考えてみてください^^

一言でいいのでコメントお待ちしています。

PS.

ツイッターでファロワーさんに聞いてみたらこんな答えが。

人それぞれ違ってて、そんな人生が本気で抱きしめたくなる程愛しく感じます^^笑