ビジネス思考

ライトサイド情報発信術セミナーに行ってきました!!@Kaiedaビジネス大学

こんばんは!安藤香織です。

夜は随分涼しくなってきましたね。

先日、東京に1泊2日で用事があったので新幹線に乗って行ってきましたー!!
有意義な時間を過ごすことができまして、これから自分の人生はどうしたいかな、と改めて考え直すきっかけになったのでこの秋からも楽しみながら日常を送っていきたいと思います。

早速自分のおさらいとして書いておこうと思います。
海江田さんのセミナーは今回が2回目でした。

興味を持たせるインパクトはタイトルで決まる!!

タイトルは考えるより真似しよう!

例えば・・・

最近の映画でいうとトイストーリー。

「あなたはまだ 本当のトイ・ストーリーを知らない」

えっ!?今までトイ・ストーリー全部見てきたけど、

まだ何かあるの??って思ってつい見たくなってしまいますよね。

で、ですねこれをいじってメルマガのタイトルにしてみると・・・

「あなたはまだ本当の集客を知らない」というものに変化できたりもするわけです。

他にもレッドブルという有名なエナジードリンクがありますが、レッドブルの広告には

「スケジュール遅れてる?」っていう明確なベネフィットが書かれているんですよ。

これは一応説明すると、「仕事してない人には対象ではない」と明確なベネフィットが打ち出されています。

他にも北海道の有名なお菓子でルタオのチョコレートを知っている方は多いと思います。

このルタオのHPのキャッチコピーがめっちゃ上手なんですよね〜!


ロイヤルモンターニュっていうこの三角のチョコレートの説明とかを参考にしてランディングページを書いたりできそうです。

9.11の時同時多発テロで10歳の子供を亡くしてしまった時に広まった詩

少しビジネスのことで忙しくしている時期や頭の中はビジネスのことをぐるぐると考えを張り巡らせている時、、、

私は夜寝る前とか「子どもとの触れ合いの時間が持てなかったなぁ。。。」

って思う日があったりしました。

そんなときは海江田さんもあるとおっしゃっていました。

そういう時、海江田さんが読む詩を紹介してくださっていたので

ここにも載せておこうと思います。その詩ががこちらです↓↓

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

<サンクチュアリ出版より>

これを読み終えたあなたはタイトルをつけるならどんなタイトルをつけますか??

少し考えてみてください。

海江田さんだったら、「私の人生を変えました。」とするそうです。

さらにこの詩をあなたのペルソナに向けてタイトルをつけてみてください。

海江田さんは

「年収1000万超えてる人は心を落ち着かせてこれを呼んでみてください。」

というメルマガのタイトルをつけるそうです。

さすがですよね。メルマガを開いてみたくなります。

大事なことは本文の中身をまとめることではない!
どうすればこの文章を呼んでくれるのか??

読ませるためにどうすればいいのか??ということが大切かということがわかりますね。

ちなみにこの詩は、つい忙しくて子どもに構ってあげられる余裕が無くなりかけた時とかに読むと穏やかな気持ちになれると思います。手元に置いておくのオススメです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後だとわかっていたなら [ ノーマ・コーネット・マレック ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)

楽天で購入

 

価値提供の情報発信

思考が変わることを教えてあげることが大事だということですね。

これはエステサロンをされていらっしゃる方であれば自然にやっている方も多いかも知れません。絶対にお勧めだと思っている商品があったとして、でもお客様はそれが必要だとはわかっていなかったりします。そんな時にこれがなぜ必要なのか?という価値を提供してあげることでお客様や(相手)はあなたが良いと思っている思考や商品の必要性を感んじてくれるようになるのです。

例えば、、、ある一人のお母さんがいるとします。

子育ては全部一人でやるものだと抱え込んでいたとしましょう。

全部自分でやろうと思ったけど誰かに任せてもいいんだって思えるようなことや

時には誰かに子供を預けて自分の時間を持つ。

そんな時間を持つことで心の余裕が生まれたりもしますよね。

すると子どもにも穏やかな気持ちで接することができたりお母さんの笑顔が増えることで子どもも嬉しくなるかもしれない。などですね。

即実践できることを教えてあげる

例えば・・・

先日こんなダイエット方法を知りました

私はその中でこんなダイエット法を知って試して一週間で◯キロ体重が落ちました!!

と学び→実践→結果→情報発信をしてみるということです。

そうすることでグッと人の心に響きやすくなるということです。

どうしても学び→実践→結果→情報発信を抜かしてしまった場合は

自己啓発っぽくなってしまいがちになってしまいます。

海江田さんオススメ!!頭の中の整理術!

前日にメルマガの書く内容を決めておく!!

あとは何か相手に行動してみて欲しいなって場合は

「私も実践してよかったので是非、あなたも実践してみてください♬」と

最後に一文を置いておくことで行動してみようと思えたりするものです。

また男性には痛みを与えるるようなメッセージが響きやすく
女性であればポジティブメッセージが響きやすいです^^

まとめると・・・

ペルソナが明確になっているが大事であるということです。

今回海江田さんは書き込みができるワークをたくさん用意してくださっていました!

ペルソナについても振り返ることで私自身ペルソナを見つめ直すきっかけにもなりました。

あなたが誰かに相談されたことやアドバイスしたことなど
その全てをどんどんストックして書き留めていきましょう。

私もノートやスマホにメモしています。

どうしてもただ思いついたことっていうのは基本ふわっと自己啓発になりがちなので

情報発信する際には学び→実践→結果→情報発信を意識して発信していけば行動に移してもらいやすいな、と思いました。

今、誰もが情報発信ができて自分のメディアというのを持てるようになってきました。

しかし、本田圭さんから自己啓発を学びたいかもしれないですが、あくまでも一般人である私たちから自己啓発など学びたいとは残念ながら思う人はいないと思います。

だったらそういったことを念頭に置いて発信する必要があるわけです。

4つのnotといってコピーライティングの基礎になる考え方ですがこれを知っておくと情報発信する上でやりやすいかなって思います。

  • NOT OPEN
  • NOT READ
  • NOT BELIEVE
  • NOT ACT

    そもそもあなたのメルマガは開いてもらえないし、読んでもらえない、信じてもらえないし行動してくれない・・・というツライ現実ですが。

    だけど、それを前提に発信していくことを考えれば、じゃあどうやってメールを開いてもらおうか、このランディングページを読んでもらおうか?と導線を考えることができますよね。

    ちなみに海江田さんのKaiedaビジネス大学では次回「1億マインドセット」「1億円ロードマップ」というテーマで次回も海江田さんが登壇されてお話しが聞けるそうです。

    ぜひ海江田さんにお会いしてみたいという方は9月の海江田さんのKaiedaビジネス大学にに行ってみてください。

    懇親会は実業の方々とお話しできるチャンス!

    ちなみに懇親会にも参加してきました。

    2度目の海江田さんの参加だったので1回目にお会いしたメンバーの方々もいらっしゃって、私のことを覚えていてくださったり海江田さんや運営者の田原さんともお話しさせていただいたり一緒に写真を撮らせていただきました!!

     

    海江田さん、田原さん、そしてお話しできた皆さんありがとうございました。