ビジネス思考

話がわかりやすい人は、何を学んでいるのか?

わかりやすい話し方

こんばんは、KAOです。

 

わたしは某大手エステティシャンで勤務時代での講習会や勉強会、

その後、ネットワークビジネスを経験したり、

自宅でお家エステを開業し、ビジネスを学ぼうとなってから、それはそれは数え切れないほどのセミナーに参加してた方だと思うのですが、

そんなとき『やっぱり話がわかりやすいなぁ〜』と感動する人もいれば、逆に話を聞いてるにかこれは子守歌なのか。。。ぁあ〜だんだんね・む・く・・・・なってきたぁ〜〜

と眠さを我慢することで必死なことも正直ありました。

そんなときわたしは自分の皮膚をつねったりしていました。笑

 

この違いは何なんだろう?というのをふと考えていて、

1つの答えに行き着いたので、自戒の念も込めてブログに書きたいと思います。

いきなり、答えを言っちゃいますと、

わかりやすい人の話って、シンプルに自分で経験していることだと思います。

 

 

言い換えると、話が具体的なんですね、誰でもがイメージできるくらいに。

で、眠くなっちゃうような話をする人っていうのは、基本知識があるなどわかる人にはもちろんわかるんですよ。

ただ、抽象的すぎてわからない人にはわからないんです。

抽象度が高いというのは、概念とかどの人にも当てはまるようなことばかりを話していて、
一体何が言いたいのかよくわからない・・・。

あとはほんに書いてあることだったり誰から聞いたことをただ話しているだけのパターンも多いのかな?
と思います。

具体的事例をとにかく出す!!

 

わかりやすい話っていうのは、具体例がたくさん入っている話って言いましたが、
誰でも経験したことがあるような話だと、誰でも頭でイメージしやすいですよね。

例えば、セールスの場合なら、恋愛で例えるとわかりやすいですよね。

 

ナンパと迷惑メッセージ

時々経験するのが、インスタグラムやFBで友達になった瞬間、

「自由な生き方をしたいと思いませんか?海外旅行に行きながら楽しく仕事をしてみませんか?」

みたいなテンプレートメッセージを受け取ることがあるんですが・・・笑

まずはっきり言って怪しさしかないです。

あれは相手のこともをまず知ろうとすることもなく、路上でいきなり声をかけてくるナンパみたもんですねwww

和tしが某有名エステサロンで働いていたとき、徹底していたことは

まずはお客様とのコミュニケーションを図って、信頼関係を築き、

コースのや商品のご案内をするという流れでした。

 

告白と売れない問題

エステサロンで働いていて新人の頃、「商品が売れない!」って悩んでた時期があったんですよねー。

そんな過去のわたしは、まず提案してみるといったセールスすらしていなかったからなんだってことに気付いたことがあったんですよね。

これも恋愛で例えるとすごくわかりやすくて、

結婚したい!と言っててもそもそも好きな人を作らないと結婚相手が現れることはないですし、

好きな人がいる場合でもアピールしたり、告白するってことをしないと、

付き合うことはできないですよね。(男性の場合は特にね。笑)

セールスも告白と同じでもちろん断られるかもしれないけれど、まずは提案(告白)してみないと話にならないのです。

告白しないで気付いたら付き合ってたってことが無いのと同じで、セールスしてないのに気付いたらかっちゃってもらってたなんてことは無いですよね!

 

人と接して経験を増やそう!

 

と、まぁこれはほんの一例でしたが、わかりやすい話の人は兎にも角にも具体例だなぁって思います。

 

そこで、具体例を出せる人というのは、あらゆる経験をしてきた人生経験豊富な人であるというところに行き着きました。

経験というのは決してかっこいいこと、うまくいったことだけじゃなくて、

失敗や挫折だっていいのです。

 

実際に自分がやってみた経験が増えれば、説明できる話も増えてリアリティが増します。

そんな話はおもしろいですよね。

わたしも話していておもしろい人になるというのが目標なので、これからもさらに経験を増やすためにお金と時間を使っていこうと思います。