ビジネス思考

箱根駅伝で優勝に導いた青学大の原監督は駅伝のプレイヤーとして実績はない。物事を多面的に見るべしっ!!

こんにちは、KAOです。

今回のテーマは、
「実績がないから発信できない」とか
「実績がないから発信していけないんじゃないか、、、」っていう相談や
ビジネス学び始めた頃にわたしが思っていたことでもあるので
そのことについて書いておきます。

「実績」っていうのを1つの方向からしか見ていないだけ。

お金を稼いだ実績がなくても、動画を100本とる!!とか、やろうと思えばできますよね。
あとは100人の人に会って無料コンサルをしたりとかもできる。
100冊本を読むとかもできる!!
やろうと思えば、みんなができることはやったらいいって思います。

自分が稼いでないからといって稼ぎ方を教えられないっていうのは違うし、
全然教えられる知識があれば教えルことができます。

だって、青山学院の駅伝教えてる原監督は、
自分は駅伝のプレイヤーという実績はないけど、知識はあるから教えられるんです。

ちなみに夫にこの話を夜、まったりと話していたら、
今度原監督と会えることになったという。ww
まさかの展開!笑
そちらのまとめも楽しみにしていてください!

ちゃんと知識があれば実績だと思いますよ。
物事を抽象的に見る力と具体的に見る力っていうのはすごく大事^^
あとは実績がないっていう実績があるってこと。

もしこのブログを見ている人で、
これから情報発信を始めようとしている人なら
最初から商品作れないにしてもアフェリエイトしていけばいいし。

「強み」と「弱み」を把握しよう!

強みって誰でもあると思うんだっ。
まだ自分のクライアントさんが少人数なら、
直積的に会ってサポートするっていうことができる強み。

お客さんがどんどん増えていけばサポートしきれないっていう弱み。

まだこれからやろうとしてる人、
見込み客が少ない人はしっかりサポートしていけるって強みがある!

そこで信頼関係が築ければあなたのファンとなって
あなたから商品を買いたいって思っておらえるようになってゆく。

どんな人でも強みと弱みがあるからさ、ちゃんと理解しなきゃいけない。

自分の強みを相手にしっかりとアピールできて、
それがあなたのサービスや商品を望んでくれている人のところにちゃんと届くことが重要なんです。

自分の軸や芯をぶらさないことがポイントですね。

実績がないっていうことや
いろんなことををいろんな視点から見るっていうことを考えてみるって大事なので
ぜひ考えてみてくださいね。