未分類

本は全部読まなくていい!価格以上の価値を得るための読書法とは!?

こんにちは、KAOです。
突然ですが、あなたは本って読みますか?

わたしは平均より読んでるとは思いますが、
子どもを寝かしつけてから布団の中で読もうとすると睡魔が襲ってきてしまって、
おんなじ文章を何回も読んでいて、しかも全然頭に入ってこない、、

っていう意味のない読書をしていたことがよくありました。><

なので最近は息子がようちえんに行っている間の2時間とかで読みきるように意識して読書するようにしています。

でもいろんな人の話を聞いていると、本を読んでる=目標を達成できてる、とは限らないなぁと思うことがよくあります。

めちゃくちゃ本読んで物知りだけど・・・みたいな。。。

小説のように本そのもの、読書そのものを楽しむなら別として、
勉強のために読む本っていうのは結局書かれてることをやらないと意味がないと思うんです。

なのでわたしは最近始めたばかりですが、本を読んだらこんな風ににメモを取るようにしてます。

このメモは他人に見せるわけじゃないので、本の内容全てを網羅している必要はなく、結局この本を読んだ結果何を自分の生活に活かそうと思ったのか?

だけを箇条書きで簡単に書いてます^^

このときは知り合いからフランシス・ベーコンの人間がおちいる4つの思い込みの罠についてちらっと教えてもらったことがきっかけで、「ミライの授業」に興味を持ったので読んでみました。

ベーコン?笑
恥ずかしながらあのベーコンを想像していたお馬鹿さんです。

最近はいろんなジャンルの本を買ってますね^^
本は折角買ったら全部丁寧に読まないともったいないなんて思うかもしれないですが、隅から隅まで読んだとしてもやらなきゃ自分の人生は何も変わんないです^^:

これが本の価格以上の価値を手に入れるための読書法かなぁと。

ちなみに本屋さんで立ち読みしたときはおもしろいなって思って買ったのに、家帰ったら読まずに並べてるだけ、いわゆる積ん読(ツンドク)になっちゃってる人も多いんじゃないかと思うんですが、

これは買ったからには元を取るべく最初から綺麗に読まなきゃと思ってしまってるからじゃないですかね。笑

立ち読みのときは目次見ておもしろそうなところだけ読むからワクワクできるんですよね。

でも全部読んで苦痛になってたら本末転倒なので、自分の今の悩みを解決してくれそうなところだけ読んでノートにメモでも全然いいと思います。

まずは本に慣れることが大事なので、本を読むこともハードルを下げまくって少しずつ慣れていけばいいですよね^^

あとは本が苦手なら諦めてその道のプロにお金を払って聞くってのも1つだと思います。

経営者さんの多くが本をたくさん読む人が多いですが、たまに

「俺は本が苦手だからもう諦めて得意な人に聞きに行ってる〜」って言ってる人もいたりします。

なのでビジネスのために本を読むのは、あくまでも情報を得るために読むっていうのを心がけて見るとだいぶ変わるはずです。

ちなみにこの「ミライの授業」も気になるとことをザザ〜って読んでメモしようって思ってたんですが
全部が面白かったので結局最後まで読めちゃいました〜!