[REQ_ERR: COULDNT_RESOLVE_HOST] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 賃貸 VS 持ち家問題についてのわたしの意見。|資産になる働き方で依存しない自立した女性を目指す
未分類

賃貸 VS 持ち家問題についてのわたしの意見。

不動産の勉強を始めました

こんにちは、KAOです!

ある程度お家エステが軌道に乗り出したくらいの頃、わたしは不動産の勉強をちょっとしていました。笑

というのも、たまたま与沢翼さんのツイッターを見ていた時に興味を持ち始め不動産投資しようかなと思いまして。

色々勉強した結果、やっぱり自分のビジネスを作るより利益率のいいものはないなと気付き(不動産は年収高くて忙しいサラリーマンとかにはオススメなんですけどね)、結局やってはいないんですが、

今までほぼ素人だった分野に対して知識を身につけると、今まで見えてなかったものが見えてくるようになりました。

 

賃貸 VS 持ち家

 

例えば、結婚して数年経つと
「そろそろマイホームは?」
「ローンは大変だから早めに買ったほうがいいって!」

と言われたりもするように、家をローン(借金)で買うのがどちらかというと常識かなと思います。笑

ただ、結論から言うとわたしは、一生家を買うつもりなんてないです。

一生賃貸に住みたいって思っています。笑

ちなみに現在は、義家族と敷地内同居です。(新婚当初は完全同居でした。)
夫の義家族は代々、持ち家派で、わたしは田舎に嫁いだため、集落が実家の後を継ぐのが常識だと言う考えで
当時20代前半で、若さがゆえに無知で、夫やその親族に決められ同居することになっていました。
当時は同居いついて何も考えていませんでした。

無知ってすごい!笑!

私たちは数年後には今の家から出て、賃貸で暮らして行くんですが
最初夫は
「賃貸なんて毎月ローンと同じくらいの金額払うのに、自分のもにならんなんてもったいないわ〜。」
って言っていました。

ですが・・・

この認識自体に大きな間違いがあはるんじゃないかって思っているんです。

賃貸 VS 持ち家問題はその人の状況によってどちらが得かは変わってくるので、あくまでも持論として書いていきます。

 

賃貸のメリットについて

 

まずわたしの思う賃貸のメリットについてです。

状況によって住む場所を変えられる。

まず一つは収入状況によって住む場所を変えられるのがいいと思っています。

収入が増えたら立地条件の良いところに住むことができます。

貧乏だったら家賃5万円のところを探せば良いだけです。

でもローンで家を買ってしまうと、ローン額を基準に仕事を決めることになったり、もしくは売るに売れない家のローンを、収入額に関係なく支払い続けることになってしまいます。

 

いつでも引っ越せる

1つの場所に執着することなく、好きなところに住めるという自由度があるのが賃貸の楽なところです。

さっきの話とも関係してくるのですが、やっぱり家を買ってしまうとなかなか身動きがしづらくなってします。

仕事に関してもそうですし、近所付き合いや人間関係でめんどうなことが起こっても、やはり一大決心をして家を買ったっということが優先されて、人間関係ごときで引っ越すのもなぁ。。。となるのが一般的じゃないでしょうか?

憧れのマイホームを持ってもいざ住んでみたら近所付き合いで苦労している・・・という話を結構聞きます。

自然災害というリスクにも柔軟に対応できる

 

他には最近、洪水や地震などの自然災害も多発していますが、災害が起こった際に、身軽に住む場所を変えられるのも賃貸の良さかなって思います。

賃貸の場合、地震保険、火災保険はオーナーも責任を負います。

持ち家の最大のリスクは自分が負うことにあると思っています。

 

無駄な金利を払う必要がない

 

夫がマイホームに強い憧れがありまして、一度不動産会社に相談したことがあるのですが

35年ローンを組んだ場合結構金利だけですごい金額を払っていることになるんですね!

金利は銀行によって返済金額が変動するので一概には言えないですが、例えば3000万を35年ローンを組んで、金利が2%だと金利だけで11000万も支払っていることになります。

お金の教育ってほとんど受ける機会がないですし、知らずに契約してる人がほとんどだと思うんです。金利だけで1800万かかったとしたら、家賃9万円の家だとしたら17年余分に住めるのです。

 

賃貸のデメリット

 

ここまで持ち家の批判的な意見ばかりでしたが。。。もちろん賃貸だってデメリットはあります。

収入がなければ、老後住む家がなくなるという怒れ、、、。

持ち家のような担保がない事で借金しづらい事です。

 

結局はどういう人生を生きたいか?

ここまで色々書いてきましたが、結局はどういう人生を歩んでいくのか?って事だと思います。

わたし自身は利便性を何よりも重視したいですし

車の運転が得意ではないので、歩いて必要なものを買いに行けるような立地を望みます。

また海外に住んでみたいという夢もあるので持ち家はわたしいとって負の財産でしかない、そう考えています。

そもそも未来のことなんて誰にもわからないですし、ローンを組む際の保険などの契約を結ぶ際に考える未来なんて、このまま今の会社で働いて順調に給料が上がって、、、という、謎の予測。わたしは昔からそういった一般的な予測が正直違和感を持っていました。

未来は今の行動でいくらでも変わるのに・・・。

契約することで、未来を決め付けてしまってるような、、、

そういう思いが強くあるので賃貸推しですね。

 

当然、持ち家があっている人もたくさんいるでしょう。

住宅ローンブームとは?

歴史をさかのぼると、もともと江戸時代では、家は借りるのは普通だったようです。

35年ローンを組ませて家を買わせることを「常識にした人」は本当にすごいです。

そのおかげで高度経済成長が進み、日本という国が発展国の仲間入りしたとも言われているのです。

 

何事もブームの裏には、必ずその糸を引いている人がいますね。

ブームの火付け役って言われるような存在。

 

賃貸ではなくって、家を買ってもらうことによっていろんな人に利益をもたらします。

建築会社、家具屋さん、ローンで利益を上げる銀行・・・

購入した家が新築ならばそれにかかった広告費のほとんどが1番目に買った人のローンに上乗せされます。

こんな感じで、家を買う人が増えれば、日本の経済は発展するということを見越して、政府は「夢のマイホーム」というキャッチコピーを考え出し広めてきました。

住宅ローンは他の借金より、金利を安くするなど、長年にわたって少しずつ返済していけるようにと法整備されていったようです。

この辺りのことをホリエモンの「多動力」という本で説明されていて

そのあと自分で調べてみて知ったことになります。

という訳で、みんながマイホームを買ったからわたしもそろそろ買いたいな。って焦って流されないで自分の頭で考えることって大事だと思います。

だってこれは友達や周りを見ていて心底感じるからです。。。

家族と幸せになりたいって思って買ったはずの夢のマイホーム・・・。

のはずなのに、フルローンでローン地獄だよ。ってみんな言ってます。

で、パートに行っても、パート代はほぼ預けだいに消えていく、、、。

でも少しでも足しになれば、と頑張っているようです。

家を買ったことによって、1度きりの人生を狭めてしまっているんじゃない?とわたしには写ってしまいました。

まぁ、でも結局のところはいくらわたしの考えを主張しても決めるのは本人ですからね。

ただ、こないだ東京に言ったとき、ある経営者の方とご飯に行ったんですが、

ブームに流されず、将来のことを自分の頭で論理的に考え人生歩んでいる人と話しながらの食事は最高にいい時間ですし、楽しかったです。

そんな人たちが周りに増えたらもっと楽しいだろうなぁって考えただけでワクワクしてきました!笑

PS.

将来が心配だから若いうちに家を買わなきゃ!じゃなくやっぱり経営者や人生成功してる方って例外なく「学びに投資しているんだな」って思いました〜!