[REQ_ERR: COULDNT_CONNECT] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 明けましておめでとうございます!!2020年の抱負。今年も宜しくお願いします^^|資産になる働き方で依存しない自立した女性を目指す
未分類

明けましておめでとうございます!!2020年の抱負。今年も宜しくお願いします^^

いつもご覧いただきありがとうございます。

昨年お世話になった関係者の皆さん、ありがとうございました!

2020年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2020年ってなんだかすごくわくわくしますね〜!!
東京オリンピックもありますし、日本中がわくわくした空気に包まれているような感じがしますね!

みんな幸せになるために生まれてきたんだ。

年末年始って、帰省したり親族で集まる機会がありますよね。

我が家も年末から帰省したわけですが、わたしの祖母(おばあちゃん)がうちの息子が嬉しそうに笑った瞬間を見て、

「〇〇ちゃん!!(うちの息子)ずーーーっと笑っていなさい!その顔が一番いい!!」

と祖母までもが、息子の満面の笑みにつられてすごく嬉しそうな表情になったんですよねー!!

そこにいた誰しもが息子の笑顔に連鎖して笑い合っていました!

そこでわたしは思ったんです。

わたしたちは幸せになるために生まれてきた♡って。

うちの祖母はいつも私達が元気にやっているならそれでいい。祖母にとったらそれが一番幸せだと口癖のように言います。

わたしは、昔からなんのプレッシャーもかけられたことがなくて、何か怒られたこともなくて、いつもいつも会うたびに無償の愛で可愛がってくれました。

なんでもやりたいことはやらせてもらったし、わがままもいっぱい受け入れてくれる祖父母でした。母親もわたしのやりたいことはいつも応援してくれました。

息子がとびきりの笑顔になったあの瞬間、その場にいたわたしたち全員がすごく幸せに満ち溢れた空間に一瞬にして包まれたんですよねー。

おばあちゃんたちやご先祖様たちはきっとわたしたちが笑顔でいてくれること笑っていてくれることが一番嬉しいのだと思いました。

じゃあ、わたしたちがその時の息子のように心から笑い嬉しい状態でいるには、きっと私自身が輝いていなきゃいけないなって思ったんですよね。

それはどんなかたちでもいいと思います。

それがわたしの場合、心の声に耳を傾けてあげることでした

自分が心から望むこと、それに向かっていくべきだ!とはっきりと思ったんです。

わたしは過去のどこかのタイミングでヘラヘラしてちゃいけない!真面目に生きなきゃいけない!という風に生きる癖がついてしまっていました。

でも・・・

無邪気でいつもバカみたいに笑い合っていたあのときの自分が大好きなんです。楽しかったなーって。

わたしはだからもうもう恐れることはありません^^

たくさん笑って感動していける人生を作っていくために進んでいくのです!

やることやりきったらあとは身を委ねて楽しみたい♪

少し話はそれますが、わたしって過去のことも振り返ってみると、
世の中や世間や周りや家族が浮かれているときこそ、
わたしはしっかりしないと!!と思ってしまうのです。。。
これが厄介・・・。笑

浮かれてしまったら、

なんか大きな失敗や事故をするかもしれない・・・
ワクワクしてると、気が大きくなって、なにか事故に遭遇するんじゃないか・・・

って思ってしまうから、自分だけは絶対に冷静沈着でいなくちゃならない!
っていつも昔からそう思ってきてましたね・・・。

これを良い機会に少し過去を振り返ってみました。

高校時代はKYと呼ばれていたわたし。

わたしは高1の時、いきなり新しい環境に馴染むのが苦手になったんですよねー。

それは男子がクラスに1人、全校の男子生徒を合わせても5人とかの
ほぼ女子校みたいなところだったのもあり、

女子特有のあの感じ?に馴染めず、どうしようーーってなってました。><

それでもありがたいことにある友人と仲良くなって、
その子が超絶頭良くて、可愛くてめちゃくちゃ計画性のある子が友達になりました。

例えば、その子と一緒に遊びに行っても、
わたしは1個のことに夢中になると、そこに時間を費やしてしますのですが、
(O型でのんびり屋ってこともあるがww)

その子と話をしてると時間なんて忘れてずっと話しちゃったり会話を楽しんだり、

ひとつのお店で可愛もの見つけるると、
ずっと、
「かわいい〜かわいい〜かーわーいいー♡」って言ってたりして
もうここで買うわ!みたいになってたりして、
友人が

「たしかに可愛いけど、次のお店も回ろう!」

「次はこれを買いにいきたいからここは何時に出よう!」

って言ってくれるような親切でなんでも完璧な友人でした。
わたしはそんな友人と自分を比較して時には
管理能力のない自分は最低だーー
自分はただのバカだなあーー
また友人に迷惑かけたかなあ?

など、自己嫌悪に陥ったときもありました。

友達は全く悪くないし、今から思えばポジティブに捉えたらいいだけなんですけどね!

ですが、高校時代のわたしは
だんだんと楽しい時でもその場を楽しむことより、次は何をするか?
何を準備するか?みんなは何を考えているか?
とかすごくすごく気にするようにしたし、
空気を読んだり、気を回すということ、
日本人だけど、日本人らしいところ(?)を身に着けました。笑

なので、ちょっと前まで血液型を聞かれた時、「O 型」と答えると

「え~~~見えないーー!!A型かと思ったー!」って言われていました。

わたしの学生時代の友人以外、ほぼ100%みんなわたしがすごくきっちりしているA型という印象を持ってくれていたのです。

わたしと学生時代を共に過ごした友人たちがこれを読んだら絶対にからかわれるだろうなぁー。笑

でも、きっちりして見られるというのは仕事では有利に働きますよね!
それは大手エステサロン時代でも有利に働きました。

大事な感覚やそんなことを教えてくれた(教えたつもりは本人には無いと思うが。)友人には心から感謝していますよ〜!

夫が新車をぶつけるwww

新婚当初、あるワクワクするイベントに呼ばれたことがあって、夫婦でそこに向かう途中、夫はテンション上がってわたしもウキウキしていて、夫はなぜか道に迷い、Uターンしようとした時、石に車をバコーンとぶつけましてwww

あーーー
二人でテンション上がってたらあかんなあーって思ったんですよね。

どっちかは冷静でいないといけない。って。

特にうちの夫は気分があがると発言や行動も気持ちも大きくなってしまうタイプなので、わたしは絶対に冷静沈着でいなきゃって思うようになりました。

不安と心の余裕の無さから心から笑えなくなっていた・・・

それは息子が2歳の頃インターナショナルスクールの日本人スタッフとして働いていたころ、社長の奥さんから

「かおりちゃんの心から笑ってる笑顔をみたことがない!」

って言われて、ハッとしました。

たしかにそうかもしれないなぁと思いました。

昔はあんなに楽しかったのに、、、、
最近笑っていないな。と。

いつもいっぱいいっぱいだったんですよね。
あとは心配や用意周到にしなくちゃとかね。

事前準備や空気を読むの、すごく苦手だから頑張んなきゃ!って。
人一倍努力しなきゃ!ってね。

でも人一倍がんばったつもりでも、
普通に出来る人のそれ以下っていうね・・・。残念!

興味ないこと覚えるの苦手だし、計画立てるの得意ではない。
(その分夫はわたしとは正反対で助かってる)

よくそんなわたしと結婚してくれたよなあーって思う。

わたしは笑う余裕なんて常になかったんですよねー。
キャパオーバー。

どんだけキャパ狭いのって感じで自分にもびっくりしちゃうわ!笑

それに気づくのには何年もかかりましたが、
2020年はやることやりきったらあとは余計な心配や不安な気持ちはできるだけ持たないで、
その時その時を全力で楽しみたいなって思っています。

子どもみたいに毎日楽しもう!!

息子をみていて毎日楽しそうなんですよね。本当に。キラキラしてる。

いつからか常識に縛られ空気を読み、そんあことを当たり前に繰り返していたら自分を見失ってしまった時がありました。

もちろん道理に外れたことはしたくありません。

いつも笑っていた時の昔の自分って生きてて楽しかったし仲間も喜んでくれていました。

その時のような自分♪を思い出しながら現在はリハビリ中です。笑

2020年は絶対に楽しい良い年になると思っています!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。